カテゴリ:siteB 大橋( 2 )

福岡環境映像祭in大橋 開催されました

2007年9月23日(日)、大橋のルネットにて環境映像祭が開催されました。長野県より林先生にお越しいただき、「メディア使い」に関するたいへん興味深いお話が聞けました。c0126200_20202499.jpgc0126200_20203225.jpg
[PR]
by fukuoka-efilm | 2008-12-31 00:17 | siteB 大橋

[Site B:大橋] 開催内容

c0126200_23403029.jpg~環境映像祭+講演会~

【日時】2007年9月23日(日) ゆめアール大橋自主事業
【会場】九州大学及びUSI大橋サテライト・ルネット
【共催】NPO法人子ども文化コミュニティ

c0126200_064883.gif【プログラム】
 14:00~ 環境映像祭
  あいさつ 黒岩俊哉(映像作家、九州産業大学准教授)
  子どもがつくった映像作品の上映
  ・「テレビは何を伝えたか-松本サリン事件のテレビ報道から」1997年
  ・「メディアとともに」1999年
  ・「送り手と受け手で作ったメディア・リテラシーの授業」1999年
  ・「福岡と台北の子どもたちのビデオレター交流」2003年
  ・「公園コマーシャル」2004年
  ・「プロジェクトK-茅葺き屋根の誕生を追った半年」2005年
 16:00~ 講演会
  「自分をとりまく環境を変える『メディア使い』を育てよう」
   林直哉氏(長野県高校教諭)
  ・「よみがえれ青木湖」
  ・「街の小さな展望台」
  ・「漢字テストのふしぎ」
 18:00~ 懇親会
 19:00~ 解散

【費用】資料代・飲み物代1,000円、懇親会1,000円
【参加申込】事前にFAXまたはメールにて氏名、連絡先、人数を記入のうえ、お申し込みください。
 福岡環境映像祭事務局:NPOデザイン都市・プロジェクト
 [TEL/FAX] 092-511-6417
 [e-mail] npoudp@yahoo.co.jp

※アクセス:西鉄大橋駅東口(バスターミナル側)よりすぐ

【講師:林 直哉(はやし なおや)プロフィール】
 ・長野県梓川高等学校 教諭
 ・長野県メディア・リテラシー研究会事務局長
 ・長野県高文連放送専門部事務局長
 ・長野県高視研芸術鑑賞専門委員会 副委員長
大町北高校・松本美須々ヶ丘高校・梓川高校と放送部を指導し、学校作りの基盤として校内メディア(放送部)の可能性の拡充に力を入れてきた。制作した番組も世界大会を含む各種コンテスト(「テレビは何を伝えたか」〈第20回TVFグランプリ)「漢字テストのふしぎ」(第29回TVFグランプリ)など)で高い評価を受け、1997年から、美須々ヶ丘高校放送部員と共にメディア・リテラシーの研究実践も重ね、成果を総務省の委託研究「テレビ記者の1日」として公開した。自分を取り巻く様々な環境についてわき起こる素朴な疑問を起点にした作品制作にこだわっている。

[PR]
by fukuoka-efilm | 2008-12-31 00:08 | siteB 大橋